ブログ
Blog

動画マーケティングの【成功事例3選!】制作ポイントを徹底解説

動画マーケティングの【成功事例3選!】制作ポイントを徹底解説

・効果的な動画マーケティングの方法が知りたい方
・動画制作のアイデアやポイントを探しているクリエイター
・成功事例を参考にしたいマーケティング担当者

この記事は上のような悩みを解決します。

動画マーケティングは、多くの人にとって大切な戦略です。でも、どうやって効果的な動画を作り、良い結果を出せばいいのか、悩むこともありますよね。

この記事では、成功した事例を見ながら、動画作りのコツを紹介します。動画を作る人も、マーケティングを考える人も、もっと良い戦略を立てられるようになります。

動画の力を最大限に引き出し、あなたの商品やサービスが目に留まるようにしましょう。この記事を手がかりに、動画マーケティングに挑戦してみてください。

お知らせ!2024年3月13日に 
『カメラを手に取るその前に。』AI x Storyで叶える最新の映像上達技術を
Amazon Kindleより出版致します!
予約注文や本の詳細はこちらからお願いします。

動画マーケティング市場とは?なぜ今、動画が熱いのか?

拡大する動画マーケティング市場

2022年、国内動画広告市場は前年比133.2%増の5,601億円に達しました。サイバーエージェント調べによると、この勢いは続き、2023年には7,209億円、2026年には1兆2,451億円に達する見込みです。

この成長の背後には、スマートフォンの普及、インターネットと接続しているコネクテッドテレビ、動画コンテンツの多様化、新しい広告商品の開発などがあります。

スマートフォン向け動画広告が市場の83%を占める一方で、コネクテッドテレビ向け動画広告も急速に成長している点です。(サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施参照)

動画視聴の日常、手のひらで広がる世界が変えた

スマートフォンやタブレットが私たちの生活に浸透して以来、動画コンテンツの視聴習慣が大きく変わりました。これらのデバイスの普及が、いつでもどこでも好きな時に動画を楽しめる環境を作り出したのです。

例えば、通勤中やちょっとした休憩時間に、気軽に動画を視聴できるようになりました。この変化は、動画コンテンツの制作やマーケティング戦略にも新たなチャンスをもたらしています。

結論として、スマートフォンやタブレットの普及は、私たちの動画視聴習慣を根本から変え、コンテンツの消費方法に革命を起こしたのです。

動画マーケティング戦略で五感を刺激する

動画マーケティングがなぜ効果的かというと、視覚と聴覚を通じて情報を豊かに伝えられるからです。

単に文字や静止画よりも、視聴者の感情に深く訴えかけることができます。例えば、美しい景色の映像や心地よい音楽は、視聴者の注意を引き、記憶に残りやすくします。

動画マーケティングを活用することで、よりダイナミックで感情的なコネクションを視聴者と築くことができるのです。

動画マーケティング成功事例3選から学ぶ!感動、ユーモア、文化共生

動画マーケティングの力は、ダスキンの感動的な家族介護支援サービス紹介、Dollar Shave Clubのユニークなユーモア、そして『森の中のモスク』という文化共生を描いた作品によって明らかです。

ダスキンはストーリーテリングで介護の大切さを伝え、深い共感を呼び、Dollar Shave Clubは創設者出演のCMで独自の世界観を展開し、時を超えて愛され続けています。

クライアントの松山鋼材様の『森の中のモスク』は、異文化間の理解と共生を促す美しい物語を通じて、社会的価値の創造を示しています。これらの事例からは、動画が伝えるメッセージの力と、視聴者に与える影響の大きさが見て取れます。

ダスキンの動画マーケティング、感動を呼ぶ家族介護支援サービス紹介

ダスキンの家族介護支援サービス紹介動画は、効果的な動画マーケティングの優れた事例です。この動画は、感動的なストーリーテリングを通じて介護の重要性を伝え、視聴者の感情に訴えかけます。

ダスキンは、家族が直面する介護の課題とその解決策を、物語を交えながら紹介し、多くの人々の共感を呼びました。

このアプローチにより、ダスキンは単にサービスを紹介するだけでなく、介護というテーマに対する深い理解と共感を示しました。

この事例は、動画マーケティングにおいて、製品やサービスの特徴を伝えるだけでなく、視聴者の感情に訴えかけるストーリーがいかに重要かを示しています。

動画提供(ダスキン株式会社)

【米国Dollar Shave Club】のユニークな魅力、時を超えるユーモア

Dollar Shave Clubの創設者が出演するCMは、その独特な世界観とユーモラスな表現で、今もなお多くの人々に愛されています。

11年前に公開されたこの動画は、色褪せることなく視聴者を楽しませ続けています。YouTubeのコメント欄からも、その人気の高さが伺えます。

特に注目されるコメントには、「どんなにDollar Shave Clubが大きくなっても、倉庫はマイク、アレクサンドラ、そしてクマだけで運営されていると私は確信しています」というものがあります。このコメントは、動画が描くユニークな世界観と、視聴者がそれにどれだけ感情移入しているかを示しています。

Dollar Shave ClubのCMは、ただ製品を紹介するだけでなく、ブランドの個性を際立たせ、視聴者に深い印象を残すことに成功しています。このような創造的でユーモアあふれるアプローチは、動画マーケティングにおいて非常に効果的であり、長期にわたって話題を集める秘訣と言えるでしょう。

動画提供(Dollar Shave Club)

社員と、親の心に刺さる動画は、文化共生の証。

松山鋼材様からのご依頼で制作した、『森の中のモスク』のストーリーを紹介します。この動画は、インドネシアの技能実習生と日本企業間の文化的理解と共生、相互支援の物語を描いています。

向後社長の、技能実習生が祈りを捧げられる場所を作りたいという願いから生まれたモスクは、日本の企業が社内に建設した初の例だと思います。

この取り組みは、日本における文化的共生の美しい例を示しています。制作の背景はこちらからご覧ください!

動画提供(松山鋼材様)

動画マーケティングの準備はペルソナ設定と情報整理から

動画を制作する際、成功への第一歩はユーザー層とペルソナの明確な設定にあります。このプロセスでは、具体的な視聴者像を描き、そのニーズや関心事を深く理解することが求められます。

動画制作でのユーザー層とペルソナ設定の重要性

若年層をターゲットにする動画では、最新トレンドやユーモアを取り入れることが効果的です。一方で、専門家向けの内容では、詳細な情報やデータを用いた説得力のあるアプローチが必要になります。

ユーザー層とペルソナを正確に設定することで、メッセージの響き方が変わり、より多くの視聴者にリーチし、影響を与えることができるのです。

動画の訴求力を最大化する情報整理のマジック

動画制作において、伝えたい情報の整理は不可欠です。情報を適切に整理し、ポイントを絞ることで、動画のメッセージが明確になり、視聴者に強く響きます。

例えば、特徴を絞り込むことで、視聴者は記憶し、動画からの行動を起こしやすくなります。

情報が整理された動画は、視聴者の注意を引き、訴求力を高める効果がありますので、まずは言葉のキーワードで整理していきましょう。動画の骨格を決める整理の仕方はこちらを参照ください

【動画を低予算】で魅力を最大化する3つのこと

効果的な動画マーケティングを展開する上で、コストパフォーマンスに優れた動画制作会社の選定は不可欠です。

予算を抑えつつも、品質の高い動画を制作することが、マーケティング戦略の成功に直結します。

選定のポイントは、過去の実績やクライアントのフィードバックを確認し、自社のビジョンに合ったクリエイティブな提案ができるかどうかを見極めること。

低コストでも、創造性と効果的なメッセージ伝達を兼ね備えた会社を選ぶことで、限られた予算内で最大のマーケティング効果を引き出すことが可能になります。

1. 動画制作のステップを理解する

動画の制作は行程が複雑なため、分けて考えることが大切です。ステップは大きく分けて3つあります!

1. キーワードを設定する
2.登場人物を選定する
3.ストーリーボードを描く

詳しくは、動画制作の3ステップをご覧ください

2. 動画マーケティングの学びが予算を救う

予算を抑えたいなら、動画マーケティングを理解することで、無駄な出費を避け、より効果的な戦略を立てることが可能になります。

動画マーケティングの勉強は、資金を有効に活用し、ビジネスの成長を加速させるための投資と言えるでしょう。

ただ、動画クリエイターや編集者の中には、動画マーケティングの重要性を理解していない人が多く、新しい編集技術やアプリケーションの学習に時間を費やしますが、このマインドセットは見直すべきです。

家を建てる過程で例えるなら、編集技術やアプリは家の柱にあたります。しかし、それ以上に重要なのが家の基礎であり、この場合は動画マーケティングのことです。

基礎と柱を無視して屋根から家を建てようとするのは不可能です。同様に、SNSでの発信だけに注力する人もいますが、動画マーケティングの基本を理解しなければ、効果的なコンテンツ制作は難しいでしょう。

3. 会社紹介動画には予算を多く割くべき、その理由と価値

動画制作の予算決定において、その動画の長期的な価値を見極めることが肝心です。特に、会社紹介動画は高予算を投じる価値があります。

これは、会社の顔となる重要な資産だからです。

一方、イベント集客動画はその性質上、内容が限定され、短期間のみの利用を前提としているため、予算は抑えめに設定されがちです。

会社紹介動画は、パンフレット代わりとしてだけでなく、採用活動など多方面に活用できる汎用性の高さを持っています。

これに対し、イベント集客動画の使用範囲は狭く、再利用の可能性は低いです。

動画の用途と二次利用を考慮し、会社紹介動画にはより多くの予算を割くべきです。

まとめ:動画マーケティングの成功事例から学ぶ重要性と戦略

動画マーケティングは現代のデジタルマーケティング戦略において不可欠な要素です。スマートフォンの普及と高速インターネットの進化により、動画コンテンツの市場は急速に増加しています。

スマートフォンやタブレットの普及は、動画視聴の習慣を根本から変え、いつでもどこでも好きな時に動画を楽しめる環境を作り出しました。この変化は、動画コンテンツの制作やマーケティング戦略に新たなチャンスをもたらしています。

動画マーケティングの効果は、視覚と聴覚を通じて情報を豊かに伝えることができるため、文字や静止画よりも視聴者の感情に深く訴えかけることができます。

美しい景色の映像や心地よい音楽は、視聴者の注意を引き、記憶に残りやすくします。これにより、ブランドや商品のメッセージが効果的に伝わり、視聴者の行動を促すことが可能になります。

成功事例として、ダスキンの感動的な家族介護支援サービス紹介、Dollar Shave Clubのユニークなユーモア、そして『森の中のモスク』という文化共生を描いた作品があります。

想像してみてください。あなたの心を揺さぶる、一つの動画。画面を通じて伝わってくるのは、ただの情報ではなく、感情、物語、そして何かを変える力です。

これらの事例が教えてくれるのは、動画に込められたメッセージがいかに強力であるか、そしてそれが視聴者の心にどれほど深く響くかです。

動画マーケティングは単なる宣伝手法ではありません。それは、感情を揺さぶり、記憶に刻まれる物語を紡ぎ出し、ブランドの核心を伝えるための魔法のようなツールなのです。

あなたの会社(ブランド)にも、伝えたいストーリーがありますよね?

そのストーリーを、ただの文字や静止画で伝えるのではなく、生き生きとした動画で表現することを想像してみてください。

動画なら、視聴者の感情に直接語りかけ、心に残る印象を与えることができます。それは、笑顔になる瞬間かもしれませんし、ほろっと涙する瞬間かもしれません。でも確かなのは、そのメッセージが深く心に響き、忘れられないものになるということです。

今こそ、動画マーケティングに挑戦し、あなたのブランドの物語を世界に伝える絶好の対明です。感情を動かし、記憶に残るコンテンツを通じて、あなたのメッセージを効果的に伝えましょう。動画が持つ無限のストーリーと可能性を信じ、新たなステージへ進みましょう!

気に入ったらシェアお願いします!

ストーリーファーストからの
ご案内

最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログを通して何か発見はありましたか?
ストーリーファーストでは、映像制作に関する貴重な情報をメルマガで配信しております。
メルマガご登録いただいた方には、人数限定、期間限定のプレゼント付き!
この機会にぜひご登録ください。詳しくは下記よりご覧ください。

上部へスクロール