ブログ
Blog

【動画制作アプリ】初心者でもプロ級動画を作れるアプリ7選

【動画制作アプリ】初心者でもプロ級動画を作れるアプリ7選

・動画編集の初心者が適切なアプリを選ぶこと
・効率的にプロレベルの動画を制作したいクリエイター
・限られた予算で最適な動画編集アプリを探している人

この記事は上のような悩みを解決します。

動画制作をおこなう多く初心者は、どのツールを使えばよいのか数あるアプリからの選択が難しいものです。

この記事では、経験ゼロから映像プロデューサー兼クリエイターとして、企業と直契約で映像を制作してきた経験から、初心者の方に最適な動画編集アプリをご紹介します。

初心者でも安心!操作が簡単な動画編集アプリはシンプルで直感性に優れている。

動画編集は魅力的だが挑戦が難しい分野です。初心者は複雑な機能や専門知識に挫折しやすいですが、最近のスマホやタブレット用の簡単な動画編集アプリの登場で、誰でもプロレベルの動画を手軽に編集できるようになりました。

操作がカンタンな動画編集アプリの特徴

直感的なユーザーインターフェース

シンプルなデザインにより、初心者でも迷うことなく操作できます。Final Cut ProからAdobe Premier Proへの切り替え時、私も慣れるまでに時間が必要でした。

豊富なテンプレート

多様なシーンに合わせたテンプレートは、動画編集のスタート地点として初心者にとって非常に役立ちます。この点で、Canvaは特におすすめです。

ドラッグ&ドロップ編集

CapCutをはじめとするスマホ動画編集アプリは、複雑な操作を必要とせず、素材を選んで配置するだけで編集が可能な簡単操作が特徴です。

チュートリアルとサポート

チュートリアルとサポート機能は、初心者が編集技術を学ぶ上で非常に役立ちます。有料の動画編集アプリでは、これらのサポート体制が充実していることが多いです。

初心者におすすめの動画編集アプリ7選

InShotは写真のトリミングにも対応
写真や動画のトリミング、音楽の追加、テキストの挿入といった基本的な編集機能を直感的に操作できます。

CapCutは美顔フィルター
Bytedanceが提供する無料アプリで、初心者でも簡単に高品質な動画を作成できるように設計されています。美顔フィルターや豊富なエフェクトが特徴です。

KineMasterは直感的
より高度な編集を求める初心者に最適なアプリです。直感的なインターフェースを備えており、マルチトラック編集やオーバーレイなどの機能も利用可能です。

Captionsは自動テロップ
直感的な操作性により、複雑な設定や専門知識なしで動画に字幕を追加できます。自動字幕生成機能は、音声認識技術を利用して手間を省き、時間を節約します。

多言語対応でグローバルな視聴者へのアプローチが可能になり、字幕のフォント、色、位置の編集機能により動画の見た目をカスタマイズできます。

Captionsは動画制作のアクセシビリティを高め、初心者でもプロフェッショナルな内容を簡単に作成できます。月毎に解約できるサブスクもありがたいですね!

Picsartはエモい
スライドバー操作での微調整が可能です。フィルム風のエモい画像作成がワンタップで行え、コラージュ機能で楽しい思い出を可愛く保存できます。

加えて、「分散」などの独自加工機能により、加工の強度や範囲を細かく設定でき、オリジナルの画像作りが容易になります。

Filmora(フィモーラ)はドラッグ&ドロップ編集
フィモーラは直感的なユーザーインターフェースと、ドラッグ&ドロップでの編集で、初心者もプロ並みの動画を作成できます。

フィモーラには教育用のチュートリアルが充実しており、編集の基本から応用技術まで学べるため

初心者は動画編集のスキルを段階的に向上させることが可能です。

Canvaはテンプレートで動画編集したい人
豊富な動画編集テンプレートが、編集の知識がない人でも簡単にプロフェッショナルな動画を作成できます。

Canvaのチュートリアルを出しているYouTuberも多いのでチェックしてみてください!

動画提供(mikimiki web スクール)

番外編でAdobe Premier Pro
機能が多い分、複雑に感じますが初心者から映画制作者まで幅広く使っている動画編集ソフトです。僕もキャリアのスタートはFinal cut ProでしたがAdobe Premier Proで落ち着いています。仕事で使わない人にはあまりオススメできなくなってきたソフトでもあります。理由はこのメール↓

Creative Cloudをご利用いただきありがとうございます。この度、サブスクリプションの価格改定に関する重要なお知らせがございます。次回の更新時より、Creative Cloud コンプリートプラン 100GB の価格を 6480.1 月額 円 から、 月額7780.0 円 (消費税/VAT/GSTおよび為替レート調整額を含む) に改定させていただきます。ご利用のサブスクリプションは 2024年03月21日 (PT) に自動的に更新され、お客様には新しいサブスクリプション価格が毎月請求されます。

動画編集ソフトの価格が高騰している現状において、仕事で使用しない方には
無料で利用可能なCanvaや一度の購入で済むCamtasiaなどの利用を推奨します。

Canvaは直感的な操作性で人気があり、Camtasiaは編集機能とスクリーンレコーディング機能を兼ね備えているため
教育目的やプレゼンテーション作成にも最適です。

効果的な動画編集のコツ

動画編集を始める前に、目的を明確にすることが成功への鍵です。明確な目的は、創造性の源泉となり、視聴者に伝えたいメッセージを明確にします。

例えば、教育的な内容を伝えたい場合、情報をかんけつに整理し伝えることが重要です。エンターテインメントを目指すなら、視聴者の注意を引きつける魅力的なストーリーを前面に出す必要があります。

動画は目的に沿った形で構成されてはじめて、視聴者の心に響きます。

環境保護をテーマにした動画では、事例を挙げながら、視聴者に行動を促すメッセージを伝えることができます。

目的を明確にすることで、動画はより影響力を持ち、視聴者の記憶に残すことができ、創造的なプロセスを促進し、視聴者に強いメッセージを伝えるための基盤となります。

この一歩が、視聴者との強いつながりを築くための出発点です。

シンプルさを保つ

複雑さは避けるべきです。シンプルな動画ほど、視聴者に深く響くものです。

例えば、映画「ロスト・イン・トランスレーション」は、

複雑な特殊効果を最小限に抑え、ストーリーとキャラクターの感情に焦点を当てることで、

強い共感と感情的な反応を引き出しました。

編集をシンプルに保つことで、視聴者の注意を散らさず、メッセージを直接的に伝えることができます。

無駄なエフェクトやトランジションを避け、ストーリーテリングに重きを置いたカット編集とカラー調整をマスターすることが、

動画編集の上達への鍵です。

この技術を身につけることで、企業案件も感情を込めてスムーズに納品できるようになります。

動画編集は単にテロップやエフェクトを加えることではなく

視聴者の心に響く物語を紡ぎ出す芸術です。この理解が、あなたのスキルを次のレベルへと導く第一歩となります。

お知らせ!2024年3月13日に 
『カメラを手に取るその前に。』AI x Storyで叶える最新の映像上達技術を
Amazon Kindleより出版致します!
予約注文や本の詳細はこちらからお願いします。

気に入ったらシェアお願いします!

ストーリーファーストからの
ご案内

最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログを通して何か発見はありましたか?
ストーリーファーストでは、映像制作に関する貴重な情報をメルマガで配信しております。
メルマガご登録いただいた方には、人数限定、期間限定のプレゼント付き!
この機会にぜひご登録ください。詳しくは下記よりご覧ください。

上部へスクロール