ブログ
Blog

【iPhone/PC】動画編集アプリおすすめ5選

【iPhone/PC】動画編集アプリおすすめ5選

✔️ 動画をかんたんに編集したいiPhoneユーザー

✔️ ワンランク上の品質を目指せる動画編集アプリを探している動画クリエイター

✔️ 効率的かつ効果的な動画制作ツールを求めている動画発注者やマーケター

この記事は上のような悩みを解決します。

動画クリエイターと動画発注者の方に
よく言われるのは
「谷川さん、おすすめの動画編集ソフトを教えてください!」です

そんな悩みをお持ちの方に
スマホやPCでかんたんにプロ級の動画がつくれる
動画編集アプリを、

米国エミー賞受賞監督から学んだ知識をもとに
最適なアプリ選びのコツを紹介します。

iPhoneのカメラ進化と高品質な動画撮影能力

高品質で記憶に残る動画は、今やiPhoneで撮影可能です。
プロレベルの動画を誰もが手軽に
撮れるチャンスをスティーブ・ジョブスは提供しました。

iPhoneの登場以前
僕は小型のビデオカメラで
撮影を開始したのですが

サーフィンを撮っていたので
塩害で壊れるというハプニングもあり

その約5年後、技術の進歩と共に
Canon 60Dでの撮影に移行しましたが
今のiPhoneは、高解像度、色彩再現性

光学式手ぶれ補正により
クリアな映像を撮影できます。

直感的な編集ソフトと
映画のような効果を加えるアプリにより
専門的なスキルがなくても

人を惹きつける動画がつくれます。

iPhone用動画編集アプリのプロレベル編集機能

スマホ用の動画編集アプリは
高度なカラーグレーディング、レイヤーベースの編集
エフェクトとフィルターなどが含まれています。

直感的なインターフェースを通じて
映画制作スタジオに匹敵する
品質の動画をiPhoneだけで作成、編集、そして共有することが可能です。

iphone撮影した作品が
カンヌ国際映画祭にノミネートされたり。

こちらのベントレーの映像は
iphone6で撮影されています。

動画提供(ベントレー)

iphoneだけで撮ることを想像してみましょう。


まずポイントになるのは
ストーリーテリング。

事前準備が重要!
リサーチ・構成・インタビューリスト・キャスティングなど

ベントレーの動画は相当な時間をかけているでしょう。
視聴者には【見えない時間】というやつですね!

機材はiphone6だけかとおもいきや
スタビライザーは使っています。

なのでカメラをサポートする機材が
重要になってくるということです!

だから、ストーリーがないと
『この動画スゲェ!』
と人の印象に残らないのです。

ベントレーの動画に、
人が語るシーンやBGMがなかったとしてみてください。

驚くほど
つまらない映像になるでしょう!

極端な考え方ですが
人のストーリーが映像に入っていたいと
ストック動画と同じなのです。

プロジェクトの目的に合った最適な動画編集アプリの選択基準

目的に合った動画編集アプリは
いくつかの基準を考慮する必要があります。

使用するデバイスとの互換性を確認し
必要なエフェクト、トランジション、カラーコレクションのオプションを検討。
4KやHDなど、対応しているかを確認します。

編集ソフトがサブスクか買取なのかも選択基準になりますね!

スムーズな編集体験のためのスマートフォン用アプリ最適化の重要性

スマホ用に最適化されたアプリは
高速なレンダリング速度、直感的な操作性
モバイルの画面サイズに合わせたレイアウト調整が

クリエイティブな作業に
集中できる環境かなども重要で
編集作業の効率化という意味では

親指が太い人にスマホは不向きです! 笑

完成した動画にウォーターマークが残るかどうかの検討

完成した動画にウォーターマークが残るかどうかは
気になるところです。

提供アプリのウォーターマーク(透かしロゴ)がないことで
よりプロフェッショナルな印象を与え、
ブランドイメージを損なうことなく配信できます。

一方で、ウォーターマークがある場合
動画の視覚的なクリーンさが損なわれ
視聴者の注意が散漫になる可能性があります。

多くの動画編集アプリの有料版はウォーターマークを
外すことができます。

1.初心者から上級者まで対応するiMovieの機能性

iMovieは、直感的に操作でき、
初心者から上級者まで幅広いユーザーに
対応しているAppleの動画編集アプリです。

シンプルなインターフェイス、トリミング、分割、
スピード調整といった基本的な編集機能から
音楽追加まで容易で困ることはほぼないでしょう!

僕も一番最初に使った動画編集ソフトなので
思い入れはあるのですが
今現在はAdobe Premiere Proを使っています。

2.【完全無料】ウォーターマーク削除オプションがあるVITAのユニークな特徴

VITAは無料で利用できる動画編集アプリで
特にウォーターマーク削除オプションが
高く評価されています。

このアプリは、直感的なインターフェースと
豊富な編集ツールを提供し
プロフェッショナルなビデオ制作を可能にします。

高品質のエフェクト、トランジション
テキストオーバーレイなどが含まれており
使い勝手の良さから初心者から中級者まで幅広く支持されています。

3.SNS用のカスタマイズを提供するInShotの総合的な編集ツール

InShotは、SNSコンテンツの制作に
特化した動画編集ツールを提供しており
広範なカスタマイズオプションが特徴です。

多彩なフィルター、エフェクト、テキストスタイル
音楽挿入などを駆使してフォロワーを夢中にさせる
ビデオをかんたんに作成できます。

4.プロフェッショナル機能とユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えたAdobe Premiere Rush

Adobe Premiere Rushは
Adobeが提供するスマホ対応の
動画編集アプリです。

高品質の動画制作を
迅速かつ簡単に行えるよう設計されており
マルチトラック編集、カラーコレクション、
オーディオミキシングなどの高度な機能にアクセスできます。

5.LumaFusionの機能をデスクトップの動画編集ソフトと比較し、その機能性を評価

LumaFusionは、高度な機能セットで
デスクトップレベルの動画編集ソフトウェアに匹敵します。

マルチトラック編集、レイヤーによるエフェクトの重ね合わせ、
高度なオーディオ機能、キーフレーミング、カラーコレクションなど
専門的な編集が求める多彩なツールを提供します。

モバイルプラットフォームでありながら
デスクトップソフトウェアと同等の
パワフルな編集機能をユーザーに提供し

場所を選ばずにプロフェッショナルな動画編集を可能にしています。

動画編集に最適なiPhoneモデルの推奨、ハードウェアとカメラ機能を考慮

動画編集に最適なiPhoneモデルを選ぶ際は
強力なプロセッサ、大容量のRAM、高解像度のディスプレイ、
先進的なカメラシステムを備えていることが重要です。

これらのハードウェア仕様は、編集プロセスのスムーズさ
レンダリング速度、および最終的なビデオ品質に直接影響します。

特に、4Kビデオ撮影が可能なカメラ
広範囲な色域をサポートするディスプレイ
高速なグラフィックス処理能力は、プロフェッショナルな動画編集には不可欠です。

動画編集の進化を強調し、モバイルプラットフォームへの移行とスマートフォンで編集されたコンテンツの品質向上に注目

動画編集技術は進化を続けており
特にモバイルプラットフォームへの移行が顕著です。

スマホでの編集は
以前と比較して格段に品質が向上していますし
ショート動画の台頭、字幕の自動化などの

進化により、プロレベルの
動画制作が手軽に
かつどこでも可能になったので

動画を内製化したい多くの団体や企業は
SNSなどのショート動画から
内製化をはじめています!

最初の一歩を踏み出したい団体や企業は
悩みが多くYouTubeを見て学ぶ方も多いのですが

結局、情報が多すぎて誰のどの情報を
見たらいいのか。。。

と相談も多く頂くようになったことから

【僕がプロとアマの架け橋になれたら】
皆さんに貢献できると思いこのブログを書いているので
こんなこと知りたいなどあればお気軽にご連絡ください!

<< お知らせ >> 3月13日発売する電子書籍『 カメラを手に取る、その前に。』はこちらからご予約可能です!

《第1章:映像で叶える「自分らしく楽しく働きたい」》

映像で人を感動させたい

「見ることは信じること!?」 情報量はテキストの5000倍

無限の可能性を秘めた映像の世界

スマホと少しの機材で気軽にスタート 映像クリエイター

答えがない映像の世界 生き抜くためのチェックポイントをあなたに

《第2章:競争嫌いの九州男児が映像プロデューサーとして独り立ちするまで》

長崎生まれののんびり屋さん

転職10回の果てに見つけた天職

「熱い友達を応援したい!」 僕が映像を始めた理由

人生を変えた3分間 もう一度映像の道へ

ストーリーファーストの中身とは?

《第3章:楽しみながら正しい映像起業で独立も目指す》

副業からでOK 頑張り次第で本業にも

時間も場所も自由な働き方で自分の人生を取り戻す

26年には1兆円市場、右肩上がりの業界の波に乗りましょう!

ストーリーを作り出す力で感性も豊かに

先輩たちの成功事例

《第4章:見切り発車厳禁! 何より大事な「ストーリーファースト」》

ストーリーが事実に意味を持たせる

ストーリーの構成要素その① 人

ストーリーの構成要素その② あらすじ 覚えておきたい3つのパートと6つの瞬間

ストーリーの構成要素その③ 場所

ストーリーの構成要素その④ 目的

「予告編1000本ノック」でストーリー構成能力を鍛える

ストーリーのテクニック~予定調和を壊す~

《第5章:よりよいストーリーのために、技術実践編》

3分割法

前ボケ

撮影は夕方に

音にこだわる

《第6章:AIで加速する映像の世界》

映像の世界にもAIの波がやってきた

AIで作業は速く、精度は高く、アイデアは多く

AI活用映像編集ステップ①取材内容を一瞬で文字に

AI活用映像編集ステップ②ChatGPTを「下請け」にする

AI活用映像編集ステップ③MidJourneyを「専属イラストレーター」にする

自分はクリエイティブな作業に集中

気に入ったらシェアお願いします!

ストーリーファーストからの
ご案内

最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログを通して何か発見はありましたか?
ストーリーファーストでは、映像制作に関する貴重な情報をメルマガで配信しております。
メルマガご登録いただいた方には、人数限定、期間限定のプレゼント付き!
この機会にぜひご登録ください。詳しくは下記よりご覧ください。

上部へスクロール